英文契約書の翻訳は役に立たない?

意外と知られていないことですが、業務提携契約で
使われる英文契約書の翻訳はあまり役に立ちません!


「えっ?どういうこと?」


と、あなたは思うかもしれませんが本当の話です。

まずは、下記の英文契約書の英文の条文と翻訳を見てください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
看板_英文契約書翻訳事例



いかがでしたか?
すんなりと意味がわかりましたか?

もしすぐに意味がわかったという方は、
もうこの記事を読む必要はありません。

でも「何言ってるか、よーわからん!」という方がほとんどでは?

ここが大きな問題なのです。

良く考えてみれば当たり前なのですが、英文だろうと和文だろうと
契約書の条文は一般の方には難解にできています。

その内容や背景を理解していないと、たとえ和文に翻訳されて
いようとわからない物はわからないことが多いのです。

ましてや英語力だけあって全く英文契約の知識がない翻訳者が
訳した条文の場合は、その翻訳自体が間違っていることすら
あります。

これでは、高い翻訳代金を何のために払ったのかわかりません。


従ってまず必要なのは。。。

翻訳ではなく要約や解説ではないでしょうか?


ここで先程と同じ条文の要約の事例をご覧になってみてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
看板_英文契約書要約事例



いかがでしたか?
今度はすんなりと理解できたのではないでしょうか?

もし、あなたがすんなりと理解できた!というのであれば、
下記のサービスがお役に立つかもしれません。