OEM契約:製造する製品の特定

OEM契約とは、他社の製造する製品に自社の商標/ロゴ等
をつけて製造・販売する契約のことを言いますが、具体的には
下記の2つのパターンがあります。

 

◆委託者が受託者に仕様書、図面、サンプル、金型等までを貸与し、
 そのとおりに受託者に製造させるケース

 

◆すでに受託者が製造・販売している製品を何等変更を加えずに、
  委託者が自己の商標/ロゴ等をつけて販売するケース

 

よって、「どんな製品を製造するのか?」についてまず詳細に契約書で
規定することが重要です。

一番確実なのは、その製品の仕様書等を契約書の別紙として添付し
その品名、型番、モデル番号、性能、品質、機能等で規定することです。

このように別紙で詳細に定めるやり方をしておけば、将来的に製品の
内容/数量等が変更になったときは、別紙を差替えするだけで対応
できるのでおススメです。


非常によく見る失敗例としては、ここの製品の定義/特定が甘い契約書です。

単に、「製品」とだけ規定してもそれがどんな性能をもち、どれだけ価値のある
ものがわからないですよね?

仕様等があまり定まっていないのにもかかわらず、OEM契約の対価だけが先に
決まっているというやり方をとっている企業が非常に多いですが、危険です。

製品については、契約締結前にできるだけ詳細に規定するということを
徹底しましょう!

 

 

業務委託契約の8つステップの目次に戻る

次のポイントへGO!