契約書があるがゆえの誤解

業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



あなたが何かのコンサルティングを受けたとします。

その場合、コンサルティングを受けた後に実際に行動して
結果を出すのは多くの場合あなた自身ですよね?

だからコンサル費用の元を取るべく必死になってコンサル
されたことを自分の物にしようとするのが普通です。




実はこれ、業務提携契約のサポートを受ける場合も
同じはずなのです。

業務提携契約のサポートを弁護士等の専門家から受け、
その後に交渉するのはあなた自身です。

だから必死になって専門家からのアドバイスを自分の物にして、
自分の言葉で相手に伝えると思いきや。。。。


ここからがちょっと違うケースが多いのです^^;


「自分の代わりに契約書が全てをやってくれる。」


と誤解している経営者が圧倒的に多いのです。


具体的には専門家から渡された契約書を右から左に相手方に
渡して、「ハイ!終わり!」って感じです。

その内容のチェックはおろか全く読みもしないことも。。。^^;

そしてその内容について相手から反論/修正要求が来た場合は、

「●●先生、相手がこんなことを言っているので 確認をお願いします。」

と言ってこれまた相手からの反論/修正要求について自分自身で
精査しようともしません。




あなたはひょっとして今、「ドキッ!」としていませんか?(笑)


これは全て、

「自分の代わりに契約書が全てをやってくれる。」

という誤解です。

だから潜在意識レベルでは、契約書という書面さえ完成して
しまえば、

「やっと交渉も完了した〜」

と自動的に思ってしまうのです。


もちろんこんなことをやっていてはいつまで経っても
契約締結に漕ぎ着けることはできません。

交渉相手からも、

「なんかこの人何もわかっていないのね?」

とすぐに見抜かれて信頼を失ってしまいます^^;


あなたも業務提携契約の契約交渉に臨む際には常に、

「契約締結に漕ぎ着けるためにはどうしたら良いか?」

というゴールを常に忘れないように注意してくださいね^^



またメールしますね。
 
遠藤祐二