自分の意思で立ち上がろうとしない患者は救えない

業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。

今、ネットで医龍3を見ています^^
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.fujitv.co.jp/b_hp/iryu3/index.html

天才外科医師の朝田龍太郎とその仲間たち、
チーム・メディカル・ドラゴンの活躍を描いた医療物ドラマの
鉄板ですが、本当に何度見ても食い入るように見てしまいますね^^

ドラマの中で重度の拡張型心筋症の13歳の少年が出てきます。
心臓が以上に肥大化してしまう病気です。

この病気は手術がとても困難で今までいくつもの病院を
たらい回しにされて少年もほとんど生きる希望を失っています。

そんな少年が朝田のいる明真大学付属病院にやって来るのですが、
朝田に対して自嘲気味に、

「朝田先生、僕は助からないのですよね?」

とつぶやきます。

それに対する朝田のセリフがまた良いのです。

「ああ、お前のように自分の意思で病気と闘おうとしない
 患者はどんな名医でも治せない。」

「医者ができるのは立ち上がろうとする患者に
 手を差し伸べることだけだ。」

「立ち上がるのは患者自身だ。」

この言葉で少年はまた生きる勇気を得て病気に
立ち向かっていくのですが。。。

まだこの先はこれから見るので楽しみです^^

このメルマガで何度か書いていますがこの「医師と患者」の
関係は「法律家とクライアント」の関係に似ている点が
多いのです。

特に業務提携の契約交渉ではそうです。

弁護士/司法書士/行政書士等の専門家がクライアントの
業務提携契約締結のためにできることは、

**********
ごく一部
**********
だけなのです。


契約書を作ってもらっても実はその契約書をベースに相手と
交渉するのはクライアント自身です。

更には、その作ってもらった契約書自体も本当にクライアントが
やりたい業務提携の実態を表していないことも多いので、
そのチェックは必須です。

よく弁護士の先生に作ってもらった契約書をよく読みも
しないで右から左に相手方に渡してしまって、相手から、

「あれ?これって先日お話させていただいた内容と
 違いますよね?」
と突っ込まれてタジタジとなってしまう経営者がいますが、
これではまとまるものもまとまりません。

よって、
========================
交渉の主導権はクライアント自身が取るようにし
専門家はあくまでも法律面でのサポートに使う!
=======================
という姿勢が必須です。

まさに、「立ち上がるのは患者自身だ!」という朝田の言葉は
そのまま業務提携の契約交渉に臨むクライアントにもそのまま
当てはまります。


ぜひ、あなたも時々、

「自分は法律の専門家とどのように付き合っているかな?」

とご自身に質問してみることをお勧めしますよ^^




またメールしますね。
 
遠藤祐二