No!と言わなければならないのにYES!と言ってしまいました^^;

その昔、遠藤がまだサラリーマンだったころ社内の研修制度で
マレーシアで半年間研修したことがありました。

生まれて初めての海外でのお仕事です。

研修生とはいえ、全くの容赦なしで仕事も普通に割り振られます。

その当時(今でもそうですが^^;)全く英会話に自信がない遠藤に
とって一番の恐怖は、
*******************
電話に出ること!!
*******************
でした。


ある日のこと現地のパートナー企業に勤める中国人の部長から
電話で何やらクレームらしいことを

「●×▲□●●XXXXX◆■■■・・・・!!!!!」

と一気に英語でまくしたてられました。

遠藤のヒヤリング能力のなさに加えこの部長の英語は訛りが
ひどくてものすご〜く聞き取りずらいのです。

言ってることの1/3も聞き取れなかったのですが、思わず、

「い、、、YES・・・」

とだけ答えて電話を切ってしまいました^^;

これ、後になってわかったのですが、絶対に「No!」と即答
しなければならない理不尽な要求だったらしく、その当時の上司には
大変な迷惑をかけてしまいました^^;

このように、
=======================
内容自体は簡単なことでも、形が変わって
しまうと理解できなくなってしまうことがある!
=======================
のは業務提携の「契約書」でも同じです。

あまりに難しすぎて、全く理解できないというケースも
ありますが、それよりも、
***************************************
一見、理解できそうでも誤解してしまう!
***************************************
というケースの方が怖いのです。

英語の契約書はもちろんのこと、日本語の契約書でも
同じことが起こります。


遠藤のクライアントでもたまにいるのですが、ご自身で
相手から来た契約書を読んで間違って解釈してしまい、
そのまま相手に回答してしまうことがあります。

もちろんそれはトンチンカンな回答ですのでその時点で
相手から、

「んんっ?何言っとるんじゃこやつは?大丈夫か?」

と不信感をもたれてしまうことが結構あります。

まさに研修生時代に電話口で生返事をしてしまった遠藤と
同じ状況になります^^;


これはもう慣れの問題なので誤解してしまうのは仕方が
ないのです^^;


だからあなたも契約書を読んでみて少しでも、

「???」

と思ったり違和感を感じたりしたら、面倒くさがらずに専門家に、
「これってこういう意味で正しいですかね?」
と念のために確認するクセを身に着けることをぜひ
お勧めします。

*****************************************
一見、理解できそうでも誤解してしまうものである*****************************************
ということをぜひ頭の片隅においておいてくださいね^^



またメールしますね。
 
遠藤祐二