STEP1:あなたのビジネスの内容について徹底的にお伺いします!

checkbox_small_red.gif「業務提携の契約書の記載内容と言ったって・・・・」

checkbox_small_red.gif「そもそも何を決めたら良いのかもわからないのです・・・」

checkbox_small_red.gif初めての経験なものですから不安です・・・」

checkbox_small_red.gif相手に利益を独り占めされて、自分ばかり損な役回りになるのでは?・・・」

checkbox_small_red.gif「法律家になんか頼んだら高くつくのでは?・・・」

checkbox_small_red.gif行政書士とか弁護士とかよくわかんないし、敷居も高いし・・・」

 

というお客様も非常に多いです。

 

ご安心ください。

 

あなたにして頂くことは、あなた自身のことについて
お話し頂くことだけです。

ご自身のこと、相手のこと、ビジネスの内容、不安、課題、将来の夢、etc.

 

それ以上でも、それ以下でもありません。

 

そして、私達はあなたからお話をただお伺いするだけでなく、、

まだ、お気づきでない契約のポイントについても、「他のお客様

の事例ではこのようなことについて決めたりしますよ。その考え方

はこうです。お客様の場合ですとこのような選択肢が考えられますが

いかがいたしますか?」

といった形で担当者が一つ一つ 丁寧にお聞きしていきます。

 

当センターではあなたとのヒヤリングを何よりも大事にしております。

 

ヒヤリングの結果、たとえ契約書作成のご依頼を頂かないことに

なっても、一切の手抜きなしですし、全く問題ないシステムになって
おります。

 

もちろん料金は、無制限で無料です。


 

また、行政書士は法律で厳格な守秘義務を負っています。

 

第三者に公開できないような秘密情報でも、どうぞ気楽な
気分で、どんなことでもお話いただければと思います。

 

尚、ヒヤリングに先立ち、あなたがこれからやろうとしている

ビジネスの資料、仕様書、パンフレット等を事前にセンターに

まで送って頂くことをお願いすることがあります。

 

これはあなたの貴重なお時間を節約すると共に、私どもがより

正確にあなたのビジネスの現状について理解するためです。

 

前述のとおり、行政書士は法律で厳格な守秘義務を負って

おりますので、ビジネスの秘密情報に関する資料でも、安心して

送って頂ければと思います。

 契約書のご依頼の流れTOPに戻る

 STEP2:費用と納期をお見積りに進む