R秘密保持義務

ライセンス契約における秘密保持義務は他の契約と違う
規定が必要になる場合があります。

特にライセンシーにサブライセンスの権利を許諾したり
製品製造の外注を承認する場合は、例外的にライセンサーの
秘密情報をサブライセンシーや外注先に開示することを
認める場合がありますので、ライセンシーの立場の場合は
要検討です。

◆外注先への秘密情報の開示を認める条文例

 ライセンシーはライセンサーの秘密情報を製品の外注先に
 対して製品の製造目的に必要な限り開示することができる。
 但し、ライセンシーは当該外注先に対して本契約に定める
 秘密保持義務と同等の義務を課すものとし、当該外注先が
 原因でライセンサーの秘密情報が漏えいし、ライセンサーに
 損害が生じたときは、連帯して責任を負うものとする。


 目次に戻る

 次のポイントへGO!