製品は何?

代理店でも販売店でも、取扱う製品を細かく定義する
ということはとても重要です。

最も確実で最も多く取られている方法は、別紙に詳細に
品名、型番、価格別に記載することです。こうすれば
間違いは起こりようがないですし、新製品が出た際には
別紙を改訂するだけで済みます。

ここを曖昧にして、「製品はメーカが製造するパソコン」
などどしてしまうと、代理店販売店はその製品の範囲
をできるだけ広く拡大解釈しようとし、トラブルの元になる
ので注意が必要です。

 代理店/販売店のポイントの目次に戻る

 

次のポイントへGO!