支払通貨

これは海外企業との取引のケースのときだけ生じる
チェックポイントです。

為替変動が企業の利益に与えるインパクトはすさまじい
ものがあります。ちょっとやそっとの企業努力で稼いだ
利益などあっと言う間に吹っ飛びます。

下記のポイントについて必ず相手方と交渉して決めて
おくようにしましょう。

 

@どこの国の通貨で払うか?


A為替相場を考慮するなら、いつ、どこで発表された、どのような
  種類の為替レートにするのか?(対顧客相場、銀行間相場等。
  対顧客相場でもTTS、TTB、at sight、usance等、色々とある
  ので経理担当と必ず相談して決めること)


B大幅な為替変動があったときはどうするか?

 もし、価格の見直しをすることに合意しているのであれば、必ず
 その見直し方法について計算式等で詳細に契約書に記載する
 のが望ましいです。

 例)
 契約締結日における日本経済新聞掲載の円の対USドルTTSレート
 と比較して請求書発行日の同レートが10円以上変動したときは、
 10円を超える部分の1/2を増額/または減額したレートで請求金額
 を変更することとする。



代理店/販売店のポイントの目次に戻る

次のポイントへGO!