知的財産権

知的財産権に関しては、取引する製品の特性に応じて
どこまで詳細に契約書に規定するかが決まってきますが、
通常は下記の点がポイントになります。


・互いに知的財産権を侵害しないこと。勝手に相手方の
 知的財産権を出願しないこと。

・製品の知的財産権に関して、第三者との紛争になったときは
 直ちに相手方に通知し、両当事者で共同して問題の解決に
 あたること。

 ※上記に関しては、代理店/販売店のスタンスとして単に通知
  はするが、以後は拘わり合いになりたくないので、後の責任は
  全てメーカーでとって代理店/販売店を免責するよう要求する
  ケースもあります。

・メーカーが提供した図面・試作品・データなどの技術情報に基づき
 代理店/販売店が新たに発明をしたときの取扱い。

 

代理店/販売店のポイントの目次に戻る

 

次のポイントへGO!