M改良技術

ここでは改良技術についてご説明します。


ライセンサーは元々ライセンスした技術の開発者です。

よって日々修正向上を加え、ライセンス後もさらにバージョンUPした
技術が生まれる事があります。

 

一方、ライセンスされた技術をライセンシーが使用しているうちに、
新たな気づき/ノウハウが生まれ、その技術が改良されることもあります。


そのようにして生まれた、「改良技術」について、両当事者の考える事は
普通は下記のとおりです。


@ライセンサー

 【自ら改良技術を生み出した場合】
  ライセンシーに追加でライセンスして追加ライセンス料
   を請求したい。またはもっと別のライセンシーを探し出して
   ライセンスしたい。

 【ライセンシーが改良技術を生み出した場合】
 自らがライセンスした技術が元になったのだから
 ライセンサーにその使用の権利があるようにしたい。

 


Aライセンシー
 【自ら改良技術を生み出した場合】
 逆にライセンス料を取って、ライセンサーまたは
 第三者にライセンスしたいと考える。

 

 なお、ライセンシーが開発した改良技術のについて
 ライセンサーが下記の2つを提案することは、原則として
 独占禁止法違反と見做されるリスクが高いです。但し、
 改良技術が元々ライセンサーがライセンシした技術なしには
 利用できない場合はこの限りではないとしています。

 (a)アサインバック 
   ライセンサーまたはライセンサーが指定する事業者に 
   その権利を無償で帰属させる義務

 (b)グラントバック

   ライセンサーに独占的ライセンスをする義務

◆改良技術についての条文例

1.ライセンシーが本契約期間中に、許諾特許等の改良技術を開発したときは、
  ライセンサーに対して直ちに通知するものとする。
2.前項の場合において、ライセンサーから当該改良技術の実施の要求が
  あったときは、ライセンシーはライセンサーに対し、本契約期間中、
  当該改良技術のの再実施許諾付きの実施権を相応のロイヤルティで
  非独占的に許諾するものとする。なおロイヤルティの額、計算方法、
  支払方法等の詳細条件については別途当事者間で協議して定める。



 【ライセンサーが改良技術を生み出した場合】

 ライセンサーの改良技術も全て追加ライセンス料
 の支払なしに、使用したいと考える。

 

 

実務上は契約の時点で、どれくらい価値がある改良技術が生まれるか予想するのは
結構難しいです。 従って、ライセンスする技術の価値やライセンス料にもよりますが、
実務的には、

「改良技術が生まれる度に両当事者でその取扱いに
ついて協議する」とか「相互に非独占的実施権を許諾する」


といった無難な条件にすることが多いようです。

 

 

目次に戻る

次のポイントへGO!