P契約終了後の措置


ここでは


========
契約終了後の措置
========

についてご説明します。


長期に渡って、継続的に続いてきたライセンス契約も終了を迎えることがあります。
その場合、契約終了後にどのような取り決めがポイントになるのでしょうか?

 

ライセンサーとライセンシーの2つの立場からその要望事項をご紹介してみます。


◆ライセンサー◆

・ライセンシーに貸与した図面、資料等の一切の情報(複写物を含む)
 は返却又は廃棄させたい。
・以後、一切ライセンスしていた技術等の使用は認めない。
・ライセンスした技術、ノウハウ、ブランド等に係る情報は
 一切、表に公表しないようにしたい。


★資料等の完全な返却・廃棄を確保することは困難であり 
 無形のノウハウはどうしても相手方に残ってしまいます。 
 よってライセンサーとしては開示の段階から自社のコアに
 なる技術は開示せず、ブラックボックス化した部品/原材料等 
 として提供することを検討すべきでしょう。


◆ライセンシー

・ノウハウなどの技術は契約終了後も無償で引き続き
 使用できるようにしたい。

・ライセンスされた技術を使用してすでに製造、取引、流通
 過程にある製品については、全て販売できる権利を確保
 したい※さもないと契約済みの販売先から債務不履行責任を  
 追及されるリスク有。


と言ったようなところです。

なお、「在庫品」の取扱については特に重要であり、
ライセンサーとライセンシーの2つの立場から要望事項を
整理してみます。


◆ライセンサー◆


・在庫品については直ちに販売を中止し、在庫の処分を
 義務付けたい。

・独自の販売ルートを持っている訳ではないので買取りも
 避けたい。

◆ライセンシー◆


・契約済みの販売先から債務不履行責任を追及される恐れがある 
 ことから、ライセンス契約終了時点で存在する在庫さらには 
 すでに販売先との売買契約が成立したものについては製造して 
 販売したい。



ライセンサーが買取りをするケースはあまりなく
そうかといって、無期限で在庫販売を認めるのも
都合が悪いので例えば下記のような規定をすることも
あります。
****************************************************
ライセンシーは直ちに許諾製品の製造を中止し、本契約終了時点で
ライセンシーが有する許諾製品の仕掛品を自己の費用で廃棄しなければ
ならない。但し、ライセンシーは本契約終了時点で有する許諾製品の在庫
に限り、本契約終了日から●●カ月間、販売することができる。

****************************************************


いずれにしても、契約を締結する時点から契約終了後のことまでを、考えておくこと
はとても大事なことなので、是非両当事者間で良く話し合って、契約書に落とし込んで
おきましょう。

 

目次に戻る

次のポイントへGO!