所有権/危険負担の移転

ここは、販売店契約だけの項目となります。


代理店は、メーカーと顧客との間にあって製品売買の
仲介・取次だけを行い、実際の製品の納入に関しての
メーカ−顧客間で行われ、一切のリスクは負いません。
よって代理店契約書において所有権/危険負担について
条件の交渉を行うことはありません。


【所有権】

所有権とは、製品を自由に使用、収益、処分することのできる
権利のことを言います。

【危険負担】

危険負担とは、例えば製品が販売店への引き渡し前に火災や
地震、盗難等のどちらの当事者の責任でもない原因によって
滅失・毀損した場合にどちらが責任を取るか?ということです。


所有権と危険負担がメーカから販売店に移転するタイミングの
主な物は下記の3つです。

・製品引渡時
・受入検査時
・売買代金完済時

メーカとしては所有権についてはできるだけ遅く移転させ、
危険負担は逆にできるだけ早いタイミングで移転させたいと
考え、販売店としてはその逆です。

今までの遠藤の経験上、一番リーズナブルな落とし所は、
「受入検査時」のようです。


代理店/販売店のポイントの目次に戻る

 

次のポイントへGO!